スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

秋の段位認定大会反省会三次会。

まだまだ続く反省会、引き続き箇条書きで。

8.免状申請手続きとか。
申請書類の受理や支払いは会場のその場では受け付けないという話で、仕方ないのでまだ手元に書類があるわけですが、とりあえず今現在棋院の会員としては期限切れでどれにもなっていない状態なので何らかの会員になるべく申し込まないといけません。
三万払って賛助会員になれるほどリッチでもなし、駅の売店で日曜に売ってるものが月曜昼過ぎにならないと届かない週刊碁会員は論外、囲碁未来会員は購読誌としては対象外、セレクト会員は買物する気が全く無いのでこれも除外、ジュニア会員はサバ読むにも限度ってものがあるので除外、棋院カレンダーや囲碁手帳なんて取り立てて欲しくも無いので後援会員が脱落とか消去法で考えていくと、残るのは碁ワールド会員(10800円)、サポート会員(3240円)ということになってきます。
若干考え込んでまた碁ワールド会員になっておくかなあということで考えがまとまってきます。
版形が大きくなった次の一手小冊子が毎月手元に来るのはちょっと有難いですか。
連休が明けに10800円振り込んで免状申請書を郵送したのですが、土曜には碁ワールド最新号が届きました。
仕事速いな、オイw

9.三段免状取得までの道のり。
これまでの認定大会における三段戦での戦績を振り返りますと、

2013年12月 忘年段級位認定大会 2勝2敗
2014年2月 初春段級位認定大会 3勝1敗
2014年3月 段位認定大会 3勝1敗
2014年5月 段位認定大会 2勝2敗
2014年7月 段位認定大会 2勝2敗
2014年9月 秋の段級位認定大会 4勝0敗

ということで、6回目のチャレンジで宿願達成となった次第であります。
初段戦を全勝するまでに要したのが9回、二段戦のときは8回なのを考えると、まあ今回は上出来でしょうか。
通常の三段免状申請料が税込みで54000円ですから今回は大会参加費だけ考えれば二万数千円ほど浮かせた計算になります。
まあ銭金の問題じゃないんですけど一応計算したくなるのが人情ってものなのですよw

ぶっちゃけた話、二月三月の大会で三勝一敗になったあたりで囲碁の神様がもう少し強い目に追い風を送ってくれるようなら何時四戦全勝してもおかしくないかナだなんて自惚れたことを考えていたのですが、果たして陸上競技で言うところの追い風参考記録とはいえ、早い時期に四戦全勝を達成することが出来ました。
でもまあ、序盤・中盤・終盤と隙が無いよねって感じで勝つべくして四戦全て勝つなんてことがあったとしたらそれは純然たる過小に他なりませんで、お前はアマ棋戦で地区優勝するレベルの棋力なのに宝酒造杯の低段戦で全国優勝して喜色満面で記念撮影された高段者の爺さんかよという話になってくると思うのであります。
従いまして、私くらいにラッキーな四戦全勝が丁度良い感じなんですよ、皆さんそう思いませんか?
ねえねえ、そう思いませんか?(少し必死

10.今後の目標とか。
三段免状取得となりまして、じゃあ次の目標は四段かというと、そろそろ慎重にやりたいかなという感じなのでありますが、さてどうしたもんでしょうかねえ。
初段前後の頃に四段五段の人にコテンパンにされたのが今でもトラウマかもしれん今日この頃、いや今でもコテンパンにやられているんですけれどもねw、とにかくまあ今後精進したとしても今の棋力に毛が三本生える程度であり、それで四段にチャレンジと言いましても自分的にピンと来ないんですよねえ。
まあ案ずるより生むが易しで認定大会に行ってみたらそれはそれで結構行けちゃうのかもしれませんが、その辺が認定大会段位の限界といいますか、階層的に勝ち上がっていくだけで実際の棋力差は1ランク1子相当でないところなのではないかと思うのであります。
地元の碁会所の席亭さんなんかはイケイケゴーゴーってなもんでどんどん挑戦を続けなさいと煽ってきます。
まあ一昨年亡くなられたU野さんも若い時には大会に積極的に出てどんどん腕試ししなさいと言っていたのも思い出されまして、それはそれで一理あるような気もするところ、さてどうしたもんだかなあ。
さしあたって23日は有楽町囲碁センターで段位認定大会なんですが、四段戦に参加してきたもんだかどうか未だに踏ん切りがつかないでいます。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ
にほんブログ村


囲碁 ブログランキングへ

スポンサーサイト

2014-09-22 : 囲碁 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

黒森総研

Author:黒森総研
シックでメロウな日常生活から、あれやこれやをお届けします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。