スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

近状いろいろ。

1.段位認定大会反省会。
1)参加者多かった?
具体的な数字は分かりませんが、今回の段位認定大会の参加者は結構多かったように思います。
館内手前から奥まで大会参加者で埋まっていましたので100人超えてたんじゃないかなあとも思うのですが。
受付のテーブルに積みあがった対局カードを見るに三段戦は特に多かったような。
2)今後の予定とか。
8月末の宝酒造杯東京大会②はパス。
棋院主催のツアーでアメリカからのお客さんたちが大挙して大会に参加するらしいので、それにはちょっと興味ありますけどねw
9月15日市谷本院での段級位認定大会、9月23日の有楽町囲碁センターでの段位認定大会には休みの都合がつけば行きたいですね。
9月15日には有楽町囲碁センターでお楽しみ囲碁大会もあるらしいのですが、認定大会優先ってことですね。
毎回思うのですが、せめて市谷と有楽町で日程がかぶらないように調整できないものですかねえ。

2.惜しいことをする。
6月1日に第一回江戸川区民囲碁大会があったわけですが、私は休みの都合がつかずに参加見送りとなりました。
で、碁ワールド誌の今月号にその区民囲碁大会のことが報じられておりまして、参加者164名とありまして日本棋院江戸川支部が主催していた前回の倍はあろうかという参加人数にビックリしました。
今回から大会を主催する江戸川区囲碁連盟はチラシを5000枚刷って配布して告知に努めたとかで、やっぱりそういうことなんだよなあと深く首肯しました。
これまで区の広報誌とサイトでしか告知して来なかったものが今回はそれなりの経費と労力を大会の告知に費やすことでここまで参加人数が伸びたわけですから、どんだけ改善の余地があったんだよと。
来年は何とか休みをやり繰りして行ってみたいですねえ。

3.ネット碁三段。
まあランクがチクロやサッカリンほどに甘い甘いユーキャン囲碁ネットでの話なんですがね。
現在のところ累計の戦績が53勝14敗で528点、三段に昇格したてのホヤホヤなわけです。
大きく勝ち越し過ぎて準サンドバッガーというか過少扱いになりつつありましてどうもよろしくありません。
仕方ないやん!出来立てのネット碁対局サービスだからどのくらいで棋力申告したらいいかよく分かんなかったんだし。
四段は流石にねーよなと思いつつも相手に二~三子置かせた碁で勝ちまくっているので何かの間違いで上がっちゃうかもしれません。
他のネット碁では目立ってランクアップしてないんですけどねえ。

最近では同時接続者数が100人を超えることも普通にあるようですが、何時見ても面子が同じでお互いまたお前かという感じですねw
あと対局室に入室した上で対局辞退にして棋力アップルームのコンテンツをやっている人が多数いるようですので、対局待ち一覧の大半が待機中になっていて対局申し込み出来ない状態になっています。

4.図書館近状。
江戸川区の区立図書館の新着図書を検索してみたら近日中に入荷予定だったので予約を入れて借りてみました。



私は一つしか紹介されてない高目定石と小目への裏ガカリくらいしか実戦で使えそうな形がありませんでした。
後は読み物レベルでさっと目を通す感じでしょうか。
まあゲテモノ棋風の屁たれ低段には豚に真珠といったところなんでしょうけどねw

あとは篠崎図書館で新版基本死活事典が出る前に隅の死活のおさらいということでもないのですが、借りてきました。



2年位前に一度借りた覚えがありますが改めて読み返してみるとクセのある変化形の紹介がふんだんにありまして、そこは悪くないのですが、実力五段で隅に強くなる本なのに一合マスを一切紹介してないとか書名と内容の齟齬があからさまに酷いなと思わざるを得ないところであります。
まあ私みたいな屁たれ低段が上を目指すには書名はともかくこういう本も悪くないかなとは思います。

そのうち本家新版基本死活事典が江戸川区の公立図書館にも入るでしょうからそこでまた死活の勉強のおさらいですかね。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ
にほんブログ村


囲碁 ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 囲碁
ジャンル : 趣味・実用

2014-08-01 : 囲碁 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

黒森総研

Author:黒森総研
シックでメロウな日常生活から、あれやこれやをお届けします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。