スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ようやく利用可能に。

ユーキャン囲碁ネットは昨年末からサービスを開始した日本囲碁連盟主体のネット対局サイトで、日本囲碁連盟の教学コンテンツをふんだんに盛り込んだサービスが特色です。
サービス開始のニュースリリースを見て物凄い勢いで会員登録していざ対局と思ったのですが対局室に入ると対局待ちや対局中のリストが一切表示されず、十秒かそこらで対局室との接続が切れてしまい、対局サイトとしてはまともに機能していませんでした。
サポートと遣り取りをしても状況が改善されそうな雰囲気が全く無かったので何だか馬鹿馬鹿しくなってきまして、さっぱり接続しなくなりました。

ところが今日、ふと思い出して接続してみたらば対局室がちゃんと表示されて接続が切れる様子もなくちゃんと対局できるではありませんか。
さっそく対局してみてなるほどなるほどココはこういう感じなんだねといろいろと納得します。

しかし、ココも無料会員に対する制限がキツいですねえ。
無料会員だと対局は月に20局までと幽玄の月15局よりはまだマシですが、幽玄と同様に棋譜保存不可に加えて他のユーザーの対局を観戦することも出来ない仕様になっています。
東洋にせよ幽玄にせよココにせよ有料会員と無料会員の差別化は悩ましい課題のようですが無料ユーザーが逃げるようなキツい制限をかけないと月額2000円取るだけの差を出せないというのは、逆に言えば有料会員ならではの教学系コンテンツを豊富に揃えることが出来ないということにもなるのではないかと。
なので無料会員に無駄な制限がかかるしわ寄せが来るんですよねえ。

それでも東洋や幽玄なら中国や韓国のユーザーが多数いますから、日本鯖で多少無料会員の寄り付きが悪くても対局相手に困るようなことはないと思われますが、ユーキャン囲碁ネットは国内限定ですからその手は使えませんで無料会員が逃げたら対局相手にすら事欠く囲碁対局サイトになってしまい一気に廃れる危険性があります。

幸い日本囲碁連盟の各種コンテンツをバックにした教学系コンテンツが異様に充実していますから逃げられる一方ってことは無いにしても危ういポジションだと言わなければならないでしょう。
そこは中の人も馬鹿じゃないってことなのでしょう、健全な危機感をお持ちのようでゴールデンウィークの期間に無料会員を対象にしたキャンペーンをやるようです。
5月1日から7日まで棋力アップルームを無料会員にも開放して、月内に無料会員上限の20局を打った人にはPCソフトをプレゼントするとか。
加えてまだ終局処理がおぼつかないような初級者向けにスタッフが対局相手になる「お相手さん」制度の導入を行うなど、後発の囲碁対局サービスとしては結構頑張った内容のてこ入れをして来ています。

で、打てるようになってからぽつぽつ打っているのですが、平日の昼まで大体30~40人くらいでしょうか。
有料会員が9割で私みたいな無料会員はほとんど見かけません。
この30~40人が高段から二桁級にかけて薄く広く分布しているので、置石のない手合というのがなかなか成立しません。
さらに言うと一部の碁会所や囲碁サークルなんかでよく見かけるやたらと細かい手合割で置石とコミが設定されているのでちょっと点数が離れるとすぐに二子局逆コミになったりするので互先に近い感覚で打つことが出来る点数差の範囲が非常に狭いです。
同時接続人数が増えればそういうお悩みはいくらか軽減されるのですが、そこは営業努力してもらうとしてですねw

戦績的にはよくわからないので3級からスタートして6局打って5勝1敗、現在485点であと1点で昇級という2級のポジションです。
最初の10局は調整機関ということで1局ごとに通常1点の上下が発生するところが5点動くということで、1ランクあたりの点数幅が13点であることから2~3連勝すれば昇級という感じですか。
もう少し上を狙えそうですがそんなに簡単ではなさそうです。

KGSでは七子局までレーティング対局の対象になっていますが、ユーキャン囲碁ネットではいろいろ見た範囲では九子局逆コミ六目半まで点数制の対象のようで、というかいわゆる自由対局ってのが無いみたいですね。
原則的に全ての対局が点数の上下に影響しちゃうようです。

上述のGW期間のキャンペーンもありますので、しばらくは無料会員の身分でユーキャン囲碁ネットで対局を続けてみるかなと思っています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ
にほんブログ村


囲碁 ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 囲碁
ジャンル : 趣味・実用

2014-04-21 : 囲碁 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

黒森総研

Author:黒森総研
シックでメロウな日常生活から、あれやこれやをお届けします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。