スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

【裁判】被告人卒業。

今朝、サラ金の会社から私に対する訴えを取り下げることが社内的に決まったとの連絡がありました。

よっしゃ、完全勝利だ!

9日に裁判の第一回口頭弁論がありまして、その日の午後にサラ金の会社と電話で直接遣り取りをしまして裁判に証拠として提出した住民票の写し以外の身分証明書の写しなどを先方にFAXしまして、答弁書とそれら追加資料を踏まえて向こうが社内的に告訴取り下げの方向で検討するような話だったのですが、11日にして望ましい結果が得られることになりました。

第一回口頭弁論から明けた次の日には錦糸町の東京弁護士会館法律相談センターに前日までの事態の進展を踏まえて善後策を授かるべく相談に行きました。
有難いことに消費者金融絡みの相談は最初の30分は無料で相談出来るのです。
前に相談した先生とは異なりますが、まあ状況の説明には5分とかからないでしょうから気にするほどのことでもないかと。

それでまあいろいろ話しましたところ、まずは今回の裁判の件で先方から訴えを取り下げてもらうことに全力を注力して、望ましい結果を得た後に警察に被害届を提出して、私名義の借金をした不心得者の首根っこを掴まえることにするのが一番良いのではないかというお話になります。
つまりは、争っている途中で警察に相談してもあまり相手にしてもらえないかも?ということのようで、何も焦って警察に相談することも無いでしょうというお話のようです。

それでまあこの程訴えを取り下げてもらえましたので次のステップに進んで警察に相談だ!ということになります。

勤務先の会社的には「あくまでお前の個人的な事柄」として知らぬ顔を決め込みたいようでしたが、サラ金会社との遣り取りにの中で、私の名を騙って30万借りた奴が会社の発行する身分証明書を改変して審査に通ったという話でありましたので、そうも行かなくなってきました。
どうも社内の奴がやった可能性が濃厚という雰囲気になってきたので、社内各方面に今回の件を周知させるから警察に相談に行くのはちょっと待ってくれと会社の上司に言われましたw
まあ二三日なら待ちますけどねw

もろもろ出揃っている話の中では今回の件の犯人は社内及び退職者の中でもかなり狭い範囲の人間に限定可能なようですから、警察に相談すればかなり早い時期にだれがやったか突き止められるんじゃないのかなと勝手に思っています。

サラ金の会社はというと警察にも私にも一切頼らずに独自に調査して犯人を割り出して回収するつもりだとか言ってましたが、果たしてそんなことが可能なのか極めて怪しいと言わざるを得ません。
が、日本の消費者金融のシステムを甘く見たらイカンよということなのかなあ。
例えば借金で首が回らない奴のリストの中から私と同じ勤務先及び在職歴のある人を抽出して身分証の顔写真と無人契約機の撮影した写真とを照合するとかそんなことが出来るものなんでしょうかね。

なのでまあ部長が私の件で社内で必要な報連相を済ませたらいよいよ資料一式を持って警察に相談に行くんだぜ!ということであり、今回の件の第二章の始まりなのであります。

第一章をクリアしたので今晩は回らないお寿司屋さんで祝杯でもあげますかねえ。
これで心置きなく囲碁にうつつを抜かすことが出来るようになるというものです。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

2014-01-20 : 裁判 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

黒森総研

Author:黒森総研
シックでメロウな日常生活から、あれやこれやをお届けします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。