スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

第一回口頭弁論。

1月9日は東京簡易裁判所で身に覚えの無い借金の完済を求められている裁判の第一回口頭弁論でした。
夜勤明けの体に鞭打って通勤ラッシュの東西線に揺られて大手町乗換えで千代田線霞ヶ関駅で降りて東京簡易裁判所へ、望んでこうなったわけではないのですが裁判所デビューです。

職場から直行だったのでやたら早めに到着してしまいました。
民事のフロアで所定の部屋に掲示されている一覧を見ますと同じ時間帯に他にもいろいろと事件を取り扱う中で、私含めて7件の貸金請求事件が同じ会社から一括してこの法廷で扱われるらしく何か大変そうです。

開廷の時間の15分前に法廷に入ってみますと、前の時間区分での裁判が進行中で、過払い利息の払い戻しやらマンションの管理費の未払い分の請求やらリース料未納分の請求やらお金絡みの案件がてきぱきと処理されていきます。
所定の用紙の被告人欄に名前を書き込みまして自分の事件が取り扱われる順番を待っていますと係のお姉さんがやって来て言いますにはサラ金会社の弁護士が同じ時間帯に行われている別の裁判の法廷に行っているので、それが終わってこっちに戻ってきてからになりますとのこと・・・ハァ?
一瞬、何を言っているのかよく分からなかったのですが、とにかく待つしかなさそうです。
メガバンク系の消費者金融なので取り扱い件数が多くて大変なのでしょうねえ。
向こうの弁護士がいつまでたってもやって来ないのでどんどん後回しにされまして一番最後にようやく順番が回ってきます。
しかしこの弁護士が受け持っている貸金請求事件が7件ありまして、私以外の6件では本人も代理人も出席していないためまずはそちらから・・・という話になり私の件は最後の最後ということになります。
どこまでもとことん後回しになっていくなあ。

で、ようやく名前を呼ばれまして私の順番です。
まず裁判長から被告人本人であることを証明するものをということで免許証の提示を求められます。
ほいと助手だか書記官だかに手渡しまして裁判官が訴状にある被告の情報と照らし合わせます。
免許証にある現住所と訴状にある被告の現住所が異なることに裁判官が気付きましてアレ?という話の流れになります。
そこですかさず訴状にある現住所とされている場所に居住していないこと、居住したこともないこと、職場宛に裁判所から訴状の特別送達があったので初めて本件のことを知ったことなどを話します。
それで裁判官には大体の流れを察してもらえたらしく、答弁書に目を通しながら証拠として添付した住民票の写しを証拠品として認めますよという話になります。
その上で、じゃあ原告はどうするの?と裁判官がボールを投げますと弁護士の言うには自分は裁判所と書類の遣り取りをするしか役割や権限が無い立場なので、裁判外で私とサラ金の会社が詳細についての遣り取りをしてもらいたいとのことでした。
会社の図体がデカいとそんな話になってしまうものなのかと半ば呆れつつ、はあそれでいいですよという話にしまして、次回口頭弁論の期日を裁判官が定めましてまずは第一回口頭弁論の終了となりました。

せっかくだからと裁判所の地下一階にある食堂でD定食640円を食べて有楽町囲碁センターで直近の催事の有無を確認してあわよくば打っていこうかとも思ったのですが暖房がキツくてゲンナリしたのでそのまま家に帰ることにしまして、帰り着いてからこの日の第二ラウンドでサラ金会社の管理センター担当者との電話でのバトルです。

事前に紙に書いて論点を整理して、いざ訴状にある原告の電話番号にかけます。

訴状にあったサラ金会社側の経緯とこちら側でいろいろあった経緯を衝き合わせまして、契約の際に使われた本人確認書類などを確認しますと・・・うわー不味いよ不味いよ俺の知り合いがやらかした可能性が限りなく高いよという話になります。
それについてはまたタイミングを見計らって別エントリで書くとしまして、いろいろ私からすれば不誠実と思われる一方的な話が多々ありまして電話口で向こうの担当者と一時間ばかりバトルしてしまいましたw
勝手なことばかり言いやがってw

とにかく私の言い分はどうも本当らしいからサラ金会社側が訴えを取り下げるのが双方にとって無駄な時間や労力を費やすことが無くてwin-winな結果になるよねということは担当者レベルでは理解してもらえました。
次にお前んところで被害届を出せと言う話は、サラ金会社的には他人を騙って金を借りた奴を見つけ出してそいつから回収するのがスジになるので、被害届は出さないという話になります。

それならそれでこっちはこっちで独自に対策を打たねばなるまいということで明日にでも二度目の法律相談に行ってきまして、作戦会議を開かねばならんな、というところなのでございます。

最終目標はサラ金会社が訴えを取り下げることと、私の知り合いである可能性が非常に高い不心得者を警察に割り出してもらうことの二つになります。
前者は今のところ順調ですから、後者をこれからどうするかというところですね。

戦いは続くのです。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

2014-01-09 : 裁判 : コメント : 2 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

ご無沙汰してます
ご無沙汰してます。ももおです。
大変な事態に巻き込まれましたね。

にもかかわらず、落ち着いた見事な対応。感服いたしました。

goxi退会されたそうですね。
こちらに時々遊びに来ます。
2014-01-20 01:58 : ももお URL : 編集
Re: ご無沙汰してます
最新の本日のエントリにあります通りで、何かと面倒臭い遣り取りの後に先方の告訴取り下げと相成りました。

goxiはまあ囲碁に対するモチベーションが3上がって7下がるようなところがあって、前々からやめようかなと思っていたところでしたので新年を契機にすっぱりやめました。
囲碁は楽しいんですが、囲碁を打つ人には失望させられることが「特にgoxiでは」ままあるってことですかねえ。
2014-01-20 12:54 : 黒森総研 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

黒森総研

Author:黒森総研
シックでメロウな日常生活から、あれやこれやをお届けします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。