スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

忘年段級位認定大会反省会。

対局に直接関係ない事柄を箇条書きで。

1.対局相手について。
特に書きませんでしたが皆さんお孫さんがいるんじゃないかなというくらいのジェネレーションでございました。
三段戦くらいのクラスでさらに大会で認定を受けようという気になるのはどうも真ん中高めの層になるようですねえ。
まあ私も免状そのものが目的じゃなくて、免状目当てで真剣勝負しに来る人たちと打つことが目的ですので厳密にはちょっと毛色が違うことになるのでしょうかね。
子供さんが数名いらっしゃいましたがあとは見事にシルバーエイジ、私含めてオッサンも少数派であり何かいろいろと思うところが出てきますねえ。

2.参加人数。
開会式で特に申込者数に対する言及とかがありませんでしたので全体の参加者は分かりませんが、席の埋まり方から察するに三段戦の参加人数はは60弱ではなかったかと桃割れます。
6月の毎日佐川段級位認定大会で二段戦参加人数が50弱だったような覚えがありますので、認定大会に対する積極性が二段と三段では微妙に差があるのかしらとか割とどうでもいいことを考えてみたりします。
まあそこまで有意の差とは言えないのかもしれませんが。

3.チクンさん、余計なことを・・・。
発売日が24日と言うことになっていましたが棋院2階の売店には既に平積みになっていましたチクンさんの「お悩み天国」、早速どんな感じになっているのかチェックしてみたのですが・・・何だよコレ!



私がものすごく多用している裏定石のサワリが紹介されていまして、
「無理に最善を求めずこの図で示したワカレくらいで妥協しておくのが良いでしょう。これより良い結果を得ようとするとすごく大変な思いをすることになります。」
というような意味の文章があります。
まあ確かに紹介されている図が既に軽いハマリであり、それが嫌で強情を通そうとすると幾重もの深いハマリが待ち受けているわけであり、これを避けるのが賢明ですよというチクンさんのアドバイスは大変妥当なものなのですが、私にとっては割りと死活問題であります。
深くハマって頂かないことにはこの手を多用する私の勝率に影響するでしょうに!
思わぬところから向かい風と言うか問題が発生してしまいました。

4.今後の予定とか。
市谷での忘年段級位認定大会が22日にありまして、翌23日は有楽町囲碁センターで段位認定大会というよく分からない日程の設定、せめて1週間も空いていれば行ってみるかなという気も起ころうというものですが、流石に次の日は無いですわー。
ということで見送って次の認定大会は2月上旬に市谷本院で行われる大会までお預けになりそうです。

認定を伴わない大会としては1月13日に有楽町囲碁センターで宝酒造協賛の松竹梅囲碁大会がありますがこれはパスして、2月9日に豊洲囲碁大会がありますのでこちらに行ってみるかなーと勘案中です。
おそらく翌々日の祝日11日が市谷本院での段級位認定大会ですから良いウォーミングアップになるかなと。

5.今後の課題。
ぶっちゃけた話、三段戦では全く通用しないと思ってガクブルだったのですが、案外とこれまでのやり方の碁がある程度通用してしまいまして、拍子抜けだったところがあります。
そうは言ってもヨセが拙くて細かい碁を二局落としたのは明確な課題でありまして、石を取らないと勝てないというのは卒業してヨセて勝つようにならないとイカンなと改めて思い知らされました。

白番だろうと黒番だろうと関係なく二隅高目で打つとか、相手の星に小ゲイマカカリして挟まれたらどんなハサミだろうと脊髄反射でワキバラヅケとかは今後も変えないんですけどねw

にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ
にほんブログ村


囲碁 ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 囲碁
ジャンル : 趣味・実用

2013-12-27 : 囲碁 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

黒森総研

Author:黒森総研
シックでメロウな日常生活から、あれやこれやをお届けします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。