FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

昨日の足取り。

珍しく連休が取れましたもので、初日は日がな一日ぐっすり寝まして、明けた二日目はいろいろ動くぞ!ということで、朝九時からテレ玉の新必殺仕事人の再放送を見てから家を出ます。

小岩図書館で本を返して、小岩駅から荻窪駅へ、半年振りのささま書店です。
至近にあるなら最低でも半月に一度はチェックしたい古本屋さんですが流石にちょっと遠いので何ヶ月かに一度の頻度になってしまいます。

電車に揺られること小一時間、タブレットPCで「詰碁」「囲碁手筋」というアプリをやっていたのですが起動後1~2分で必ずエラーが発生して強制終了になるものでその都度再起動させるとか何だよコレって感じで1日も早い修正が待たれます。

そんなこんなで荻窪到着、ささま書店に入ると棋書コーナーがない!?かと思ったらレイアウトをいじったようで、以前棋書が置いてあった棚の平台の下の段と対面の棚の平台に移動していました。
旧版囲碁大辞典全三巻セットが3150円で売っていましたが、版型が無駄にでかくて分厚くてかさばるし調べにくいしで1981年に再版された6冊に分冊されたやつの方を揃えたいのでこれは見送ります。
で、この2冊をそれぞれ420円で買ったのですが・・・

 

ああっ、Amazonのマケプレで随分お安いお値段がついてるじゃないですか。
送料250円×2件を足してもAmazonの方が安いよ、くっすん・・・今回は微妙な買い物になってしまいましたな・・・

内容的には問題ありませんで依田さんのサバキの本は他の本には出てないサバキの例がいくつもありましてこれはとても有用です。
三段突破の手筋がこれまた私なんかにはレベルの高い手筋の本なのですが、正解することが目的というより覚える・習得することが目的なので、解答を見て理解出来るか否かというところで考えますと、何とかついて行ける内容ですので繰り返し読んでいくらかでも棋力向上の足しにしたいと思います。

時は12時前後でまさに昼飯時ということでラーメン二郎荻窪店に行ってみたら夕方から開店ということで昼の営業はやっていませんでした。
飲み屋じゃあるまいし飲食店としておかしくないか?とブツブツ文句をたれながら、つけ麺の丸長を覗いてみると行列が出来ていて到底すぐには食べられそうにありません。
仕方ないので駅前の牛丼屋でメシを済ませて中央線に乗ります。

新宿で降りてどこか有名どころの碁会所に行くか、市谷本院で打つことにするかなどと考え込むも、丁度先週のお楽しみ囲碁大会で一般対局場の半額利用券をもらっていたので有楽町囲碁センターで打つことにします。

13時過ぎに入場したらすっげえ混んでましてビックリです。
棋院の会員証を提示したら会員の期限が丁度今日で切れますよとのことで、週刊碁会員を継続したものかどうか、後で考えないといけません。
週刊碁は今週号まで届くので、来週号は4日の金曜日が休みなので市谷本院の一般対局場に打ちに行ったついでに夕方に刷りたてのホヤホヤのものをフライングゲットしてやろうなどと企みます。

最高で346点まで伸びていた点数が有楽町では負けが込むようになって341移転まで下がってしまっていたのですが、今回はこちら341点向こう348点で黒番コミなしで20目以上の勝ち、こちら342点向こう331点で白番コミなしで盤面17目勝ちとなり、点数を343点に伸ばしました。

三段の基準点が344点なのでそのうちにこの点数を伸ばして安定した三段の領域に伸ばしたい、具体的には350点に届かせたいですね。
市谷本院の一般対局場の点数が346点、こっちは有楽町より大分甘い目の点数なので、これもそのうち点数を大きく上げておきたいですね。
2局打ったらもう17時前だったので場所を変えて地元小岩の碁会所で打とうと思い、有楽町を後にします。

ゆで太郎でそばを食って碁会所に行って見たらアレ、暗いんですけど?
本日都合により17時までの営業とさせて頂きますと無常な内容の貼り紙がしてありまして大層悲しくなってしまいます。
本日のオチはこれかよ!こんなことなら秋葉原で降りて新しいAndroidTabletの下見とかしたものを・・・などとブツブツ言いながら、むなしく家路に着くのでありました。

とまあそんな行程の休日でした。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ
にほんブログ村


囲碁 ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 囲碁
ジャンル : 趣味・実用

2013-10-01 : 囲碁 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

黒森総研

Author:黒森総研
シックでメロウな日常生活から、あれやこれやをお届けします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。