スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

三段への階(きざはし)①。

いやあ自分でもびっくりするくらい7月は囲碁の勉強をやりませんでした。
夏風邪をひいて寝込んだり、家主から契約更新に伴い家賃を上げると通知が来て頭にきて部屋探ししたり、折角の休みが急な都合で休む奴の穴埋めで潰れたりでまともに時間が作れなかったのとか事情はいろいろあります。
しかし一番大きい理由は、何故か今頃になってGBAのファイアーエムブレム封印の剣をやりたくなって、案の定寝食を忘れて入れ込んでしまったことでしょうねえ。
今丁度ベルンのゼフィールの居城に押し込んだところなのでゲームは終盤、ほどなく終わると思うのですがそのままの勢いで烈火の剣に突入してしまいそうでヤバいなあw

のっけからの余談はさておきまして、毎日佐川段級位認定大会で取得した二段免状が届きました。
やっぱり大会のその場で申請して届くまでに1ヶ月強かかるようですね。
それで直近の段位認定大会というと9月に予定されている有楽町囲碁センターになりますので、そこで三段戦の厳しい洗礼を浴びてこようかと思っています。

それでは段位認定大会三段戦に挑戦するにあたって何か新しく始めた方が良いのかしら?という考えが浮かぶのであります。
世の中には三段を目指す人のために書かれた本がたくさんあるようですから、それに取り組んでみるというのはどうでしょうか。

まず思いつくのが日本棋院囲碁文庫「三段合格の○○」シリーズですかね。
これを一通りやってみようかな。



出回ってる数が多いからか、Amazonのマーケットプレイスの値段がやけに安いのが心強いかなw
「三段合格の手筋」は篠崎図書館に置いてあるので借りて済ませることにしてw

次に思いつくのが誠文堂新光社の三段突破の○○シリーズですね。
これは不勉強で一度も目を通したことがありません。



これまた三段を卒業して上のステップへ進んだ人が多いからなのか今のところ随分お安いお値段になっていますねえ。

日本文芸社が出していた「三段の壁を破る」シリーズもあるようですね。



他にもぽつぽつ三段云々を謳う棋書はあるようです。



秀芳さんの本は加筆修正の上で改題されたものが後日出版されていて、松江図書館にそれが置いてあったような覚えがあります。

あとは日本囲碁連盟の通信教育囲碁講座の三段コースってのもありますかね。
まだ上級コースをぽつぽつやっている段階で、アカシヤで買って来た二段コースも少し目を通しただけなので、前段階としてそっちを済ましてしまわないとイカンのですがw

三段系棋書以外の部分については後日ベツエントリにて。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ
にほんブログ村


囲碁 ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 囲碁
ジャンル : 趣味・実用

2013-08-02 : 囲碁 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

黒森総研

Author:黒森総研
シックでメロウな日常生活から、あれやこれやをお届けします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。