スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

The Driving Tesuji.

ネット上の本籍地をGoogle+に定めまして日々囲碁に関するあれやこれやをああでもないこうでもないと、これといってとりとめもなく投稿しているのですが、そうこうしているうちに色んな人と相互にフォローしたりフォローされたりすることにもなってくるわけです。
中には海外で囲碁を愛好する人たちも多くありまして、今日はこの本でこんな問題を勉強したんだぜ!という割りと他愛の無い投稿をしたところ・・・

2011112901.jpg

日本棋院囲碁文庫即効上達シリーズ「打ち込み読本」から三分で初段の問題、打ち込んで二段バネされて黒番でどう打つか。



正解はアテアテでサバキ、突き抜いて白二子が立ち枯れて打ち込み大成功、この後隅を守っておけば右上に巨大な黒地が形成されることになるかなという。

2011120404.jpg

これと同種の筋でツケヒキからハザマを開けて、切ったりハザマを突いてきたら突き抜く問題もよく見ますよね。

2014092701.jpg

さて、この問題の投稿に対して海外の囲碁愛好家から「この種の手筋をオイラたちはDriving Tesujiって呼ぶんだぜ」とコメントをもらいます。
なるほど、相手の石を自分の持って行きたい方向に「drive」つまり操縦する手筋というワケかと感心したものであります。

これが三年くらい前の話、初段免状を取ったばっかりの頃のお話ですね。
さて時は流れまして今年になってユーキャン囲碁ネットでの実戦場面、切り違え一方をノビよという格言に沿った白に対して・・・

2014090101.jpg

こんな感じでゴリゴリと白石を「操縦」しまして、このあと左側の白石と攻め合いになりまして、最悪でもコウくらいにしてウヒヒとか思っていたのですが、そのまま取れてしまいました。



棋譜再生


本当はいろいろあるのでしょうけれども、まあそこは低段ならではということでw
まあ馬鹿は馬鹿なりにいろいろ考えているんですよという話と、上達のきっかけっていろいろあるもんなんですよというお話ですね。

米欧では他にもGrappling Hook Tesujiという穏やかでない命名をされた手筋もあるようですがこれはちと私には難解なので書くのはやめておきますw

http://senseis.xmp.net/?GrapplingHookTesuji

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 囲碁
ジャンル : 趣味・実用

2014-09-30 : 囲碁 : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

黒森総研

Author:黒森総研
シックでメロウな日常生活から、あれやこれやをお届けします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。