スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

近状二題。

1.ネット碁二段。
ユーキャン囲碁ネットのランクが初段から二段へ上がりました。
つっても完全点数制なのでランク自体は意味無いんですけどね。
累計で33勝8敗、初段になりたての頃に18勝4敗だったので、そこから15勝4敗でランクアップしたことになりますか。
基本的に勝ち越し進行で今のところ進んで来ております。
現在二段になりたてホヤホヤの514点なので、まずは中間点の521点を目指して無料会員の枠内(月20局)でぽつぽつ打っていくかなあというところです。

つーか、KGSは勿論幽玄や東洋に比べても、ものすごくものすごくランクが甘いんですが、幽玄や東洋の日本室みたいなものでプレイヤーが日本人だけだとどうしてもこうなっちゃうんですかねえ。
まあランクが甘いこと自体はそんなに悪いことではないのですが、これだと上の方の段の人はちょっと大変なのではないかとw
今のところの感覚としてはKGSより3~4ランクは甘いという感じでしょうか。

一応、先月ギリギリにゲスト会員感謝祭のPC囲碁ソフト贈呈の要件である月内20局対局を満たしたので運営に申告しましてご褒美のブツである「武宮囲碁道場」が届きました。
まだインストールもしてないですけどねw

個人的な感想ですが、ゲスト会員の有料会員化よりも周知による会員増にリソースを費やした方が良いのではないかなあと思いますが、短期的に有料会員化の方が優先順位が高かったのでしょうかねえ。
ログインして対局室に入ると無料会員なんて1割もいないわけで、こんな狭隘な層をターゲットにしてキャンペーンを張る前にもうちょっと広告宣伝を頑張った方がよろしかろうにと思わずにはいられません。

2.今月の棋書
中央図書館に行って借りてきました。



まあいつものヤツなのですが、今回新しく死活反復トレーニングを借りてみました。
いつも中央図書館の書架にあったのですが時に理由も無くなんとなく敬遠していたのですが、ちょいと気が向いてぱらぱらと中身を見てみましたら実戦に頻出しそうな形について基本形1、変化形3の四つの出題がありまして、「基本死活事典」や「死活の壁」のセレクションみたいな感じで大層良い感じでしたので借りて帰ることにしました。

あと取寄せでもう一冊新着の本を借りたのですがこれまた良い本でした。



第二章と第三章には、どこかで見た覚えのあるものから目新しく映るものまで攻めの手筋がたっくさん紹介されていまして、私のような屁たれ低段者にはとてもとても良い感じであります。
が、副題にあります「初段へのレッスン」ってアナタ、日本の囲碁初段はこんなにレベル高くないですよw
初段手前の級位者がこれ買って読んだら絶望しかねない感じですねw
訳者と編集部は日本の段級位に対する認識を改めるために話し合いをした方が良いのではないかとw
実際には認定大会ベースで考えて初段から三段辺りの人が攻めの手筋の引き出しを増やすのに良いかなって感じではないかと。

続きを読む

スポンサーサイト
2014-06-19 : 囲碁 : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム

プロフィール

黒森総研

Author:黒森総研
シックでメロウな日常生活から、あれやこれやをお届けします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。