スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

無礼な年配碁客が多い件について。

昨年の5月3日に八重洲囲碁センターで行われたお楽しみ囲碁大会で四勝して、賞品として八重洲囲碁センターの一般対局場利用回数券(11回分)を無料で入手しました。
通常は有効期間半年なのですが、係員さんの取り計らいで有効期間を1年に延ばしてもらえました。
それ以来なるべく月に1回は八重洲の一般対局場に行くようにしていたのですが多忙な時期があって回数券の利用回数の消化状況があまり進んでおりませんでした。
しかし先月あたりからこのままではイカンと思い夜勤明けの体に鞭打ってでも八重洲囲碁センターに行って碁を打つようにしていたのですが・・・年配碁客に無礼な輩が多くてモチベーションが下がって仕方ないのであります。

対局中に「お前は下手糞だ」などとなじってくるとか割りと当たり前で、終局まで行って私が勝ちだと結果が出ると終局の挨拶も成しに「油断した」と横を向いて吐き捨ててさっさと席を離れるとか、ネット碁で見かけるマナーのなってないユーザーが今リアルで目の前にいるような感覚ですね。

以前はそれほどそういう輩が多くなかったんですが、最近は巡り合わせがよろしくないのか「そんな死んだ石のことをいつまで考えているんだ」などと上から目線で大声で言った直後にこちらが種石を取る形でその石を生還させると急に黙り込むとかそんな年配碁客と対局を組み合わせられることが多くなっています。

お金と体力と時間に制限がある中でわざわざそんな無礼な年配碁客と対局するために八重洲まで行くのは馬鹿馬鹿しいので他の事にそれらのリソースを振り向けようという気になるのは無理もない話であります。

ということで八重洲囲碁センターの回数券はあと3回分残っていますが、まあこれは無理して消化せずにそのまま有効期間を終了させて、その分休養や勉強・ネット対局などに充てることにしましょうかね。

八重洲での一般対局自体は、現在345点だなのですが、そのうちまた気が向いたら行くことにするかな程度で考えています。
スポンサーサイト
2012-04-30 : 囲碁 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

黒森総研

Author:黒森総研
シックでメロウな日常生活から、あれやこれやをお届けします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。