スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

棋書購入他。

囲碁ビデオでビデオ講座「アマの知らない定石」を見て以来、ずっと買おう買おうと思っていた、講座の元ネタと思われる故・安倍吉輝九段の「アマの知らない定石 互先・星」をようやく購入しました。
アマゾンであまり状態のよくないものが250円で転がっていたので送料250円と合わせて500円でマーケットプレイス(古書)でポチりました。



やっぱり面白いですね。
ワキバラヅケはビデオ講座のみの紹介で、本では扱われていなかったのが残念ですが、怪しい手がたくさん紹介されていて読んでいる分には面白いです。
残念なことに、ワキバラヅケのように実戦でスグ使えそうなモノがあまりありませんで、正しく応対されたらあまり有利にならないウソ手・無理手の類が多いのですが、それでもいくつか実戦に活用出来ないかなあといろいろ勘案中ですw
なので帯にある「知らないとハマリ、知っていても互角~」というのはちょっと違うでしょうと思わざるを得ません。

その後、東洋囲碁では昨日1勝、今日は同じ相手に3連勝で4つ白星を重ねまして、4級での戦績は8勝2敗になりました。
何とか無事あと二つ白星を重ねて3級へ昇級と行きたいものです。

23日祝日は八重洲囲碁センターでお楽しみ囲碁大会、10月2日は八重洲で段位認定大会ということで、ちと頑張らねばなりません。
5月のお楽しみ囲碁大会は運良く全勝して回数券をゲットしたのですが、取らぬ狸の何とやらではありますが、今回も運良く全勝出来るようなら碁盤セットにするかななどと勝手なことを考えていますw
まあ今回は夜勤明けで一睡もしてない状態での参加なのでどこまで出来るものか極めて怪しいのですがw
段位認定大会の方はなるたけ前日も休みにしてコンディション万全で望みたいと思っています。
スポンサーサイト
2011-09-18 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【勉強】星の一間バサミにワキバラヅケ⑤。

前々回に扱った手順に関する再考察。

wakibaraduke09.jpg wakibaraduke10.jpg wakibaraduke11.jpg

二間高バサミに対するワキバラヅケで三連星の構えを無効化、黒19の緩手に白20から接近戦でガチガチに締め付ける。
白としては笑いの止まらない実戦展開となったのですが、これは白がちょっと良すぎたようです。

というのも下図のように白5アテに対して素直にツグのは酷い利かされで、黒6とサガるのが最強の反撃だからです。

wakibaraduke22.jpg

白ポンヌキだとF19にワタリ&アタリで白石が格好の攻撃目標になってしまいます。
白7で下からの連絡を遮ると、黒8ツギ、白9利かしに黒10利かされ、白11で連絡して黒も12で切断されないようにしっかり連絡・・・となってみると中央の白三子が弱くてなかなかシンドそうです。
このあと、白が真ん中の三子を中央へ逃がすしかなく、黒も充分戦えるワカレになります。

加えて、あとあと黒から下左図のように隅の白に対して突き出してから外側に切るのが白が味悪になる手順で、うっかり下中図のように切ってきた石を白がカカエると、文字通りトントン拍子で追い落としが成立してしまいます。
なので外側を切られたら白は下右図のように内側をツグしかありませんで、カカエられずに残った黒一子を頼りに外側からいろいろと利かしが残ることになります。

wakibaraduke23.jpg wakibaraduke24.jpg wakibaraduke25.jpg

なのでやはり冒頭の実戦進行は白が良すぎなのですが、まあ八重洲囲碁センターで二段の基準点である332点近辺のプレイヤーだと、4枚目の画像にあります白5アテに対する黒6サガリという「本手」は知っていないと打てない手だと桃割れます。
さりとて、こちらの白5アテがウソ手・ごまかし手の類というわけではありませんから、本手で進行した場合の進行図を頭に入れておいた上で、機会があればこの進行をどんどん試してみたいと思うのであります。

ということで、今回のネタ元はこちらです。



篠崎図書館で借りてきたんですが、職場で休憩時間中に漫然と目を通していたらどこかで見た(打った)覚えのある進行が出てきて大興奮してしまいましたw
この本良いですね。
ブックオフなりアマゾンなりヤフオクなりで送料込みで500円未満になるようならポチってしまおうw

とまあ、こんな内容の長文をG+に投稿したんですが、何故か外人のピーターソンさんから「+1」がもらえましたw
内容は当然日本語なんですが、添付した局面図で大体どういうことが述べられているのか察しがついたということなのでしょうw
ただ、局面図を見て私が黒番だと思われているとすれば、ちょっと心外だなあとw

英語でワキバラヅケの戦術論など一石ぶってみたら外人さんから「+1」なりレスなりの反応が得られるかしらなどと余計なことが頭の仲をチラホラとw

テーマ : 囲碁
ジャンル : 趣味・実用

2011-09-16 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

昨日は宝酒造杯東京大会②。

結果から先に書きますと3勝2敗でした。

研究済みの部分では酷い目に遭わせることが出来るんですが、それ以降にヨミの正確さとか基礎的な棋力の差で盛り返されて結局逆転された2敗でした。

用意していた冷えピタシートのお世話にもなりまして、額に変なモノを貼った不審な男が会場内に・・・w

goxiではしゃばさん、アマノッティさんとご挨拶させて頂きまして、しゃばさんとはこのブログでネタにしている星の一間バサミに対するワキバラヅケについて熱く語り合ったりしてしまいました。

すっごく疲れたというのがただただありまして、夏バテから充分復調してない中で、一応目標としていた勝ち越しを達成出来たのはまあ満足なのですが、今後も囲碁の大会に顔を出すにあたってこうも憔悴してしまうようではキツいので、どうしたものかと考え中であります。
体を特に動かすわけでもなく、碁を打ってるだけなんですけどねえ。
何でこんなに疲れてしまうのか。

はあ疲れたw

テーマ : 囲碁
ジャンル : 趣味・実用

2011-09-11 : 未分類 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

諸事雑感。

1.やはり無理だった。
ブログで棋譜を再生したい病が再発、あれこれ検索してgoswfに挑戦してみますが、何かもう全然ダメでウンともスンとも言わないので、再生ソフトをKiFLAに変更してあれこれいじってみます。

何時間も頑張ったんですが、限界のようです。
プレビュー画面で棋譜データ解析中から先に進んでくれません。

うーん、技術的に糞虫な私には今はここが限界っぽい。
気力を使い果たしたので、今回の挑戦はココまでということで・・・。









2.久しぶりに東洋囲碁。
そろそろ新しいマウスに手が馴染んできまして、クリックミスの心配も無くなって来たかな?ということで、約1ヶ月ぶりに東洋囲碁で対局です。
69手まで、白番で中押し勝ち。
やきもちを焼いてスグに打ち込んできて即戦いに持ち込むという、東洋囲碁のこの辺のランクで見かける韓国人プレイヤーの典型的な打ち方ですが、眼あり眼なしで隅の黒石が頓死確定、もうどうしようもありません。
これでやっと5級で4勝4敗、この後もクリックミスで星を落とすことが無ければ、早いうちに昇級出来るかなあ、早いうちに昇級したいなあと思いつつ、ぼちぼち打っていきます。
まあ69手で終わってしまったので、クリックミスについてはまだ何とも言えませんかね。
2011-07-01 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

第九回八重洲チャレンジ③。

どうでも良い雑記中心にw

1.緊急地震速報。
第5局開始時間が16時20分だったのですが、事務的な手違いがあって対局開始が少し遅れまして、序盤を打ち進めていた時に、場内の利用客の携帯電話が一斉に鳴り始めまして一体何事かと思ったのですが、どこかで聞き覚えのある鳴動音がしたので緊急地震速報が出たのだなと理解しました。
まあ、それだけの話なんですがねw

2.撮影
レポーターとカメラマンが場内を回っていまして、何やら若い出場者を中心にインタビューをしておりました。
地上波とは考えにくく、衛星放送か何かだったのでしょうかね?

3.お楽しみ囲碁大会
5月3日に八重洲でお楽しみ囲碁大会とのことで、一応行ってみるかなあとぼんやり考えているところです。
前回のように宝酒造が協賛してくれるような話には今のところなっておりませんが、やはり参加者全員に商品贈呈という話には心惹かれます。
あと、先日申し込みをした宝酒造杯クラス別チャンピオン戦の東京予選が市谷本院で5月14日で、6月5日にはまた八重洲で段位認定大会、6月26日には市谷本院で毎日佐川段級位認定大会と続きますねー。

懲りずに何度でも初段で4戦全勝を目指してチャレンジを続けたいと思います。

おまけ:日本棋院八重洲囲碁センター囲碁学校有段宣言コース
2010年11月15日出題22日解答分教材プリントから出題
黒先白死。

┬●○○┬○●┬┐
┼●┼┼┼○●●┤
┼●●○┼┼○●┤
┼●┼○○┼○●┤
┼┼●●●○○●┤
┼┼┼┼┼●┼●┤
┼┼┼┼●┼┼┼┤
┼┼┼┼┼┼┼┼┤


まあ範囲が狭いし、「ひと目」系の問題っスかねえ。
眼形の急所を理解しつつダメヅマリを衝くということで。
今回は使用済みのプリントがこれ1種類しか置いてありませんでした。

テーマ : 囲碁
ジャンル : 趣味・実用

2011-04-04 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

黒森総研

Author:黒森総研
シックでメロウな日常生活から、あれやこれやをお届けします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。